ななくさがゆ調理日記

スト魔女応援ブログだったり、同人告知だったり、雑記だったり、アニメ漫画見たり、ポケモンしたり

こうやってスト魔女を見ることができるのは奇跡なんだろうな ストライクウィッチーズ2 6話「空より高く」感想

2010y08m16d_162032505.jpg2010y08m16d_162055459.jpg2010y08m16d_162246227.jpg2010y08m16d_162255999.jpg

初っ端から歌いながら、ネウロイをがんがん撃破するエイラさん
そう今週は全国1億人のファン待望のエイラーニャ当番回
一期でも神回と名高い6話、その空よりも高いハードルを越えることができるのか
ストライクウィッチーズ2 6話「空より高く」始動です!
さて、今週はいきなりの戦闘シーンから始まります
固有魔法である未来予知を使えるエイラはシールドを張ることなく、すべてのネウロイを撃墜
今週のネウロイはこれでおわりで、あとはサーニャとのいちゃいちゃになるのかと思えば……

2010y08m16d_162504433.jpg2010y08m16d_162518806.jpg2010y08m16d_162614069.jpg2010y08m16d_162628101.jpg

遥か、山の彼方に見える黒い棒
先ほどエイラが倒したネウロイの大群は、どうやら子機のようであり、母体を倒さなくてはいけないらしい
しかし天にそびえたネウロイのコアの位置を確認しに行った坂本少佐は驚愕の事実を知ることになる
そう、このネウロイの核はウィッチの限界高度を越えた成層圏にあるというのだ
体勢を立て直すべく、彼女たちはいったん基地へ帰還

その途中エイラは、針葉樹の葉っぱを持ちかえっていました
2010y08m16d_162733203.jpg2010y08m16d_162741996.jpg
何かを持っていることに気付いたよしかは、葉っぱを見せてもらおうと手をのばしますが、
エイラの未来予知でことごとくかわされちゃいます
そしてどうやってかわしているか、とか質問タイムに突入

2010y08m16d_162826100.jpg2010y08m16d_162840229.jpg
エイラ「シールドを張るなんて二流ダナ・×・」
よしかの特性、完全否定

ちょっとそれはひどい……
口が悪いのもエイラっぽいですけどね
すると、無線を聞いていたサーニャから、ご叱責
本当にいい子ですサーニャ
2010y08m16d_162847545.jpg2010y08m16d_162859902.jpg
画像ではわかりませんが、サーニャが隣に来た時動画だとここでエイラが尻尾をぱたぱたとふっているのが、とても可愛らしいですよ!

夜間哨戒の任でこれから出撃というサーニャ
しかし、今回は相手が相手だけに、哨戒はとりやめ
みんなと一緒に基地に戻ることに

2010y08m16d_162926606.jpg2010y08m16d_162933999.jpg
2010y08m16d_162948981.jpg
ぬお! よい太もも!
これはエロ●スタイム(伏せ字にしているのはアダル●ト指定警戒のため)
大人の談話ですなぁ、やさしげなミーナさんの目は癒される

と、話してい内容としては、結構ハードで
欧州艦隊が、件の魔天楼ネウロイに総攻撃をかけるとのころ
どう考えてもかませです、本当にありがとうございました

一方基地に戻ったサーニャたち
格納庫でフリーガーハマー収納しています
その大きさと重量感に驚いてるところにサーニャ登場

2010y08m16d_163008754.jpg
ぬお! これが今話題の抱かせ枕という奴か!

前回の予告通り、これでサーニャのぬくもりと言う者が、ええいけしからん
枕、俺と変われ!

2010y08m16d_163250901.jpg
それにしても微笑むサーニャはかわええええええええのおおおおおおお

そんなサーニャに、エイラは先ほどの葉っぱを手渡します
サーニャの故郷オラーシャの森も針葉樹がいっぱいらしく、彼女なりの想いやりみたいです
そんなエイラの気持ちにサーニャはとってもうれしそう

そんな二人を見て、視聴者もきっと幸せなことでしょう

2010y08m16d_163308947.jpg2010y08m16d_163337830.jpg
2010y08m16d_163358331.jpg

しかし、幸せな一時も長くは続かない
彼女たちはウィッチ、だからこそ、敵と戦わなくてはいけないのです

そして、先ほどのネウロイの全貌が明らかになります

2010y08m16d_163407990.jpg
写真のノイズにしか見えない黒い線の正体
それこそが、ネウロイの全体の姿
その体長およそ3万メートル

ここでブリーチネタを思い出した人は数知れないと思う……
13キロや……

ウィッチの限界高度1万メートルをゆうに超える位置にあるコア
通常の攻撃手段では撃破不可能

2010y08m16d_163431600.jpg
話を聞くエイラーニャ、後ろにはさりげなくピアノが(これはマリア皇女からの贈り物かな?

そこで使用されるのがこの
2010y08m16d_163611984.jpg
ロケットブースター
出力は強く成層圏までも飛行が可能、しかし魔法力消費が激しいという欠点もあります

2010y08m16d_163638096.jpg
さらに空気もなく、音も聞こえず、気温も寒い
そんな環境下に懸念を示すシャーリー他、隊規違反組

おいルッキーニその枕はふっくらしてて気持ちよさそうだなぁ、うらやましい

様々な困難が予想される任務、しかし
2010y08m16d_163701929.jpg
ウィッチに不可能はない

うえええええ、だから坂本さん
それは貴女だけだってぇぇぇl

そして、今回の任務に抜擢されたのが
2010y08m16d_163832780.jpg
瞬間的な攻撃力を持つサーニャ

もちろん、サーニャが行くと決まれば、エイラも当然行くと主張するわけで
しかし、問題がひとつ

それは、成層圏内では、魔法によって生命維持をしながら敵を攻撃し、なおかつ地上に帰還するだけの魔法力を残していなければならず、シールドに魔法力を使えないということ
つまり、パートナーになった者が、サーニャをシールド守らなくてはいけないのです

しかし、エイラは未来予知の魔法が使えるため、実戦ではシールドをはったことがないのです

2010y08m16d_164000853.jpg
「自慢じゃないが、私は実戦でシールドをはった事がないんだ」→「そうか、じゃあ無理だな」→「ああ、ムリダナ・×・」
おいいいい、ノリ突っ込みしてる場合かよぉぉぉぉ

そしてそのお姫様を守る盾に選ばれたのが、現状で最も強力なシールドをはれる主人公よしか
2010y08m16d_164045380.jpg
ええい、30キロが富士山何個分かなんて数えてる暇なんぞあるかい! 重大任務だぞ!
エイラさんも怒ってらっしゃる!
2010y08m16d_164059090.jpg
ぐぬぬぬぬぬぬ

サーニャを守る役目を主人公に奪われたエイラは、なんとか自分がその役に代わろうと画策します
というか、これ普通のアニメなら、主人公がライバルに奪われるパターンだよね

ということはつまり、、、

二期の主人公はエイラーニャだったんだよ!!!!!

なんだってええええええええええ

まぁ、そんなこんなで相談を持ちかけた人物は
2010y08m16d_164121258.jpg2010y08m16d_164141751.jpg
2010y08m16d_164149517.jpg
ツンツンメガネことペリーヌ
一期では散々やり合っていた二人ですが、この組み合わせもなかなか
二期の組み合わせは、新鮮でいいものですなぁ
というか、このペリーヌすごくくぁいいです
髪ボサボサの方が似合ってるよ

そして、その結果編み出されたのが、シールドをはる訓練withペリーヌ
2010y08m16d_164247241.jpg2010y08m16d_164315072.jpg
2010y08m16d_164329907.jpg



エイラ「お前じゃ、本気になれなくてさ」
完全にジゴロの言葉です、本当にありがとうございます



2010y08m16d_164349850.jpg2010y08m16d_164356715.jpg

もちろんお約束の展開として、打たれた弾は全部避けちゃうんですけどね
いや、いや避けるってエイラあんた、間違ったらペリーヌただでは済まないよ
カールスラントのトップエース二人もあきれるほどの未来予知
それが仇になるとはねぇ……

このような様子で、修行はうまくいくはずもなく、エイラは意気消沈して自室へと

そこで待っていたのはサーニャでした
ひそかに特訓していたことを知っていたサーニャは、愛おしそうにエイラの労をねぎらいます
しかし、そんな想いとは裏腹に、よしかの分のマフラーを用意していたサーニャをエイラは快く思いませんでした

すれ違う心
努力すればきっと大丈夫
あきらめちゃだめ、とサーニャはエイラを励すけれど
その言葉はエイラには届かず
エイラは、嫉妬とやきもちから辛辣な一言をサーニャに投げかけてしまったのです

「宮藤に守ってもらえばいいだろ」

2010y08m16d_164505675.jpg2010y08m16d_164520482.jpg
2010y08m16d_164554708.jpg2010y08m16d_164603268.jpg
2010y08m16d_164607721.jpg2010y08m16d_164616125.jpg

冷たく言い放った言葉はサーニャの本心に気付いていませんでした
サーニャはきっと、エイラに守ってほしかったんだと思います
だから、その言葉一番聞きたくなかった、そう思うのです

互いに罵倒しあい、エイラが見たものは、投げつけられる枕
けれど、分かっていたのに避けられなかった
史実のエイノ・イルマリ・ユーティライネンはただの一発の被弾もなく、あったとすれば、かすり傷ひとつだけ

生涯に渡って初めての、そして最後になるであろう被弾が、サーニャから投げられた枕だなんて

切なすぎます

2010y08m16d_164630113.jpg
2010y08m16d_164653231.jpg
2010y08m16d_164824905.jpg
2010y08m16d_164833309.jpg

傷心のサーニャ
一人月が光る湖で何を思うのか

静寂を引き裂いて、どこからともなく元気いっぱいの声が!

2010y08m16d_164845285.jpg2010y08m16d_165011817.jpg
2010y08m16d_164858624.jpg2010y08m16d_165027945.jpg

EMT!!!!!!!!
ここにきてハルーニャですよ、紳士の皆さん
階級も一緒だし、そしてエーリカの仲間想いな一面が知れて嬉しいです
さすが、史実ともども僚機を失ったことのないハルトマン

2010y08m16d_165047740.jpg
「結局サーニャンはどうしたいん?」
その言葉が重く胸を貫く
どうしてほしいのか、そんなことは分かり切っているのに
そして、エイラもわかっているはずなのに
その想いが強いからこそ、互いに傷つけ合ってしまう
その想いがあるのに、伝えられないから、すれ違ってしまう

2010y08m16d_165116109.jpg
一人のベットでエイラは何を思うのだろうか

2010y08m16d_165127970.jpg
と、重くAパートを締めたら、このアイキャッチですよ
まったくエイラさん立ち位置的にはヘタレだから、白馬になんて乗れませんよwwwwww
むしろサーニャが王子様でしょwww

Bパート最初は
欧州空軍、海軍の攻撃から始まります

相変わらずのミリタリーの描写
見る人が見たらうなるんでしょうな

2010y08m16d_165148918.jpg2010y08m16d_165200875.jpg
2010y08m16d_165216421.jpg2010y08m16d_165227831.jpg
しかし、その攻撃もむなしく、ネウロイは負傷個所をパージ(切り離し)
その破片が海中へと落ちたことによって生じた津波で、艦隊は甚大な被害

もはや頼みの綱はストライクウィッチーズのみ

そして発案された作戦の前に

成層圏まで行くんだから準備をしなくちゃね

2010y08m16d_165259231.jpg2010y08m16d_165317935.jpg
2010y08m16d_165325191.jpg2010y08m16d_165346760.jpg
2010y08m16d_165357370.jpg2010y08m16d_165401771.jpg
2010y08m16d_165406034.jpg2010y08m16d_165418941.jpg
ルッキーニの可愛さ異常だろ……
二期になってから何度も何度も取り上げてるけど、二期のルッキーニの猛プッシュは半端ないですぞ
そして、一期の肝油に続いて、リーネ特製のジンジャーティー
相変わらず、ゲテモノ好みのミーナさんで安心したわwwwww

と、今度こそ作戦開始です

2010y08m16d_165433312.jpg2010y08m16d_165438099.jpg
2010y08m16d_165534154.jpg2010y08m16d_165603920.jpg

作戦は単純
魔法力の消費を最小限にするため、通常高度までは第一打ち上げ班が、第二班と攻撃班を持ちあげ
次にロケットで第二班が攻撃班をさらに打ち上げる
そして成層圏に到着後、ネウロイを撃破し、残りのロケットで帰還というもの

しかし、音もなく、熱もなく、空気もない空間
魔法が尽きれば、死にいたる場所での作戦
歴戦の勇士たるお姉ちゃんが言うだけに言葉の重みを感じます
そして、その言葉を聞いたエイラは……

2010y08m16d_165614563.jpg
ついに第二打ち上げ班の手から離れた、よしかとサーニャは成層圏へ

見上げることしかできないエイラ
そんな彼女を振り返ったサーニャ

声も届かない
目と目を合わせただけの無言の会話

でもそれだけで十分だった
ただ、それだけで、エイラはサーニャの気持ちに
いや、今まで抑えてきた本当の気持ちに気付けたのです

2010y08m16d_165628886.jpg2010y08m16d_165633645.jpg
2010y08m16d_165637806.jpg2010y08m16d_165642072.jpg


2010y08m16d_165649879.jpg


「嫌だ!」





2010y08m16d_165703960.jpg



「私は諦めたくないんだ! 私がサーニャを守るんだ!」




加速するロケットに追いすがろうと、必死に手を伸ばして
本当の気持ちをサーニャに伝えようと叫ぶ
不格好な軌道で、不細工な格好で
それでも、大好きなサーニャを守りたいとエイラは懸命に手を伸ばす


2010y08m16d_165741867.jpg

けれど、その手はサーニャには届かない
次第に離されていく二人
もう、二度と逢えないかもしれないという状態になって初めて自分の気持ちに気付いたのでは、遅すぎたのか

伸ばした手が宙を切るその瞬間

2010y08m16d_165806929.jpg

エイラの手を掴んだのはよしかの手
サーニャを成層圏を送る役割をエイラにバトンタッチするべくエイラの元にきたのでした

命令違反? いいや作戦変更だ!

だって、ウィッチは想いの力で魔法が大きく左右するんでしょう
だったら、必ずサーニャを連れ帰ってくるという決意を決めたエイラならきっとやりとげてくれるはず

それは無謀でも無茶でもなく、信頼

一緒に戦ってきた仲間であったからこそ、大切な人を任せる判断をよしかはできたんじゃないかと思います

2010y08m16d_165814559.jpg2010y08m16d_165820619.jpg
2010y08m16d_165844311.jpg2010y08m16d_165849527.jpg
よしかの行動に驚くエイラ
デコエイラすごくかわいいです
そして、よしか、超GJ
でもそれ主人公のポジよりライバルのポジ(ry
いや何も言うまい。仲間想いのよしからしい行動だと思います
待っているサーニャの描写も素敵です

そしてついに出会った、ちょっぴりへたれで我儘なお姫様と姫様を愛する優しい王子様
2010y08m16d_165907943.jpg2010y08m16d_165913055.jpg
守られているのはどちらで、守っているのはどちらか
お互いがお互いを真に想い、そして助け合える
そんな二人の前では、人の限界を超えたネウロイもそして宇宙だって意味をなしません
一緒ならきっとできる
一人じゃ泣きそうな大きな空でも、仲間がいれば笑顔になれる

それは奇跡じゃないんだ!

2010y08m16d_165924320.jpg
二人の旅立ちを祝福するルッキーニ、本当にいい立ち位置やで、ルッキーニ

そして、勇ましい決意のBGMから聞き覚えのある前奏が

あぁ、これはこれは!

2010y08m16d_172857082.jpg

1期のキャラソンとして名高い「Sweet Duet」のアレンジではないか
一枚絵が徐々に引いていく場面は、まさにCDジャケット
これより始まるは、エイラとサーニャの星空のステージ

2010y08m16d_165942438.jpg
見送るよしかのこの優しい笑み、本当によしかも成長したなぁ

2010y08m16d_165954881.jpg2010y08m16d_165958771.jpg
2010y08m16d_170008254.jpg2010y08m16d_170012021.jpg

空よりも高い宇宙
浮かぶ天の川で、出会った彦星様と織姫様

音のない宇宙では、この挿入歌だけが響き渡ります

2010y08m16d_170023535.jpg2010y08m16d_170028043.jpg
2010y08m16d_170106803.jpg2010y08m16d_170117201.jpg

二人の前に立ちはだかるネウロイのコア
収束されるエネルギー
周回軌道に入っているエイラとサーニャには、ネウロイのビームを避ける術はありません

地上からでもわかる凄まじいビーム攻撃
見守るウィッチーズが心配そうに見上げれば……

2010y08m16d_170126490.jpg2010y08m16d_170132406.jpg
2010y08m16d_170140313.jpg2010y08m16d_170145007.jpg

初めてはったシールドは、大切な人を守るため
刻まれた紋章は、白百合

未来予知でビームが来る位置がわかるから、今までビームを回避できていたエイラ
だからシールドをはる必要がなかった

でも、ビームの位置がわかるなら
例え避けられなくても、その場所にシールドをはればいい

エイラのはったシールドはよしかのものに比べれば小さく最低限に展開されていないように見えますが、
きっと、来る位置がわかっているからこそ、無駄な消費を抑えて一点に集中した強力な盾を作っているのではないでしょうか

2010y08m16d_170206999.jpg2010y08m16d_170221029.jpg
2010y08m16d_170231848.jpg2010y08m16d_170236753.jpg

ネウロイの光線を引き裂いて、真っすぐただ真っすぐ敵へと向かう
必死に守るエイラからは、玉の汗が零れ落ちる

エイラの最強の盾は、砕けることなく、すべての攻撃を凌ぐ
エネルギーを使い果たしたネウロイはついに攻撃不能に

守ってくれているエイラのためにも、
サーニャは決意を胸にフリーガーハマーのトリガーを引き絞った

2010y08m16d_170245494.jpg2010y08m16d_170307712.jpg
2010y08m16d_170313177.jpg2010y08m16d_170316388.jpg

ミサイルの一斉射出に、守る盾がいないネウロイは何もできず撃墜

だが、、、

2010y08m16d_170326935.jpg2010y08m16d_170418676.jpg
射撃の反動で、サーニャは後方に吹き飛ばされてしまう
摩擦のない宇宙空間、もしこのまま放りだされれば、二度と止まらず地上に帰還することも叶いません

間奏が止まり、宇宙は無音に包まれ、絶望と憔悴が胸をあおります

2010y08m16d_170423659.jpg2010y08m16d_170430687.jpg
2010y08m16d_170434769.jpg2010y08m16d_170439862.jpg
けれど、二人の未来を邪魔することなど誰にもできません
手をしっかりと取り、ここでラスサビに突入

未来予知で、伸ばした手を繋ぎとめることができたエイラ
もし、よしかであったと思うならゾッとする場面ですが、やはりサーニャを守るのはエイラでよかった

2010y08m16d_170502080.jpg2010y08m16d_170508637.jpg
2010y08m16d_170520696.jpg2010y08m16d_170553151.jpg
肌のふれあい回線っ!!!

チューするのかと思ったよ、いやしちゃってもいいよ、ああああああああああもんもんするううううう

音がない宇宙では言葉を口にできない
だからこそ、お互いの額を合わせて、気持ちを確かめ合う

ごめんな。と謝るエイラ
ううん、私も。と返すサーニャ

二人は完全に仲直り

ふと、目を地上に向けると、そこにはサーニャの故郷ウラルの山並みが

2010y08m16d_170558273.jpg2010y08m16d_170605382.jpg

「このままあの山の向こうまで飛んで行こうか」

サーニャはエイラにそう語りかけます
オラーシャはネウロイに侵攻され、ウラルの向こうには瘴気が渦巻く死の世界が待ち受けています
補給もなく、友軍もおらず、もはや人すらもいるかどうかわからないその地に、駆け落ちをするということは、
もはや心中と同義

それでも、自分を愛し守ってくれたエイラに
守ってほしかったエイラがそばがいることに

サーニャは、この世が終わってしまってもいいと思えるくらい幸せを感じていたのではないかと思います

yaeさんというイラストレーターの方が書いた、世界よ終われという絵を思い出します
世界よ終われ
決して死ぬことのないかぐや姫とそれに使える従者
世界が終わってしまえば、死ぬない二人が永遠に何もないどこかでさまよい続けることになります
それでも、そんな未来が待ち受けていたとしても、世界が終わってもいいと思えることがあったの、と輝夜は語り、二人は涙を流し笑う
解説はなく、これは私が思った感想ですが、この絵を知っていた私にとってこのシーンは非常に印象に残るものでした

そしてサーニャの想いを聴いて
エイラもまた、自分の気持ちに正直なろうと、想いを口にします

2010y08m16d_170610480.jpg
2010y08m16d_170614659.jpg
2010y08m16d_170628851.jpg

「いいよ。サーニャと一緒なら、私はどこへだっていける」

それは、いつも肝心な時に想いをごまかしてきたエイラの本当の気持ち
いつまでも、どこまでもサーニャを守り、そして命をかけて君についていく、という決死の言葉
離れ離れになることを考えてしまったから、失いそうになってはじめて、真の気持ちに気付き、
エイラは、しっかりと自分の言葉を伝えようとしたのでした

2010y08m16d_170651981.jpg

そんなひたむきで真っすぐな想いを聴いたサーニャの瞳からは涙
言ってほしかった言葉、大好きなエイラからの告白を聴いて、サーニャは涙を流します

一時の夢は、夢
決して一緒に死ぬことなんてサーニャは望んでいなかった
だから、サーニャは、「今の私たちには帰るところがあるもの」とエイラに謝ります

エイラと同じくらい自分たちを大切に想ってくれている、仲間
501のみんなが今の家族とサーニャは言っているようでした

これも、いらん子中隊で、スオムスを破壊された時に、「私たちみたいに帰る場所をなくしちゃいけない」という台詞があったことを思い出します
対比と言えば対比です
これは序盤なので、彼女たちのいらん子たちは部隊をホームと思えなかったのかな(今ではきっとホームであることを願っています



2010y08m16d_170721691.jpg2010y08m16d_170738680.jpg
2010y08m16d_170751426.jpg2010y08m16d_170801793.jpg

そして、二人はそんな大切な仲間の元に帰還します
「あいつが誰かを守りたいっていう気持ちが少しだけわかった気がするよ」

2010y08m16d_170805647.jpg2010y08m16d_170816103.jpg
この落ちて行く描写、009の「君はどこに落ちたい?」を連想させますね

枕の上には、針葉樹の葉っぱ
二人の未来に幸せがあることを!

■■

二話を見た時も泣いちゃいましたが、今回もまた泣いちゃいました
もう「Sweet Duet」がかかる部分からは、何度見て泣いたことか

レビューを見て泣き、曲を聴いて電車内で泣き、感想を考えて泣き、
エイラーニャの幸せを願って泣く

と泣きっぱなしの6話でした

だから更新が遅れました
前回に比べて編集に二倍時間かかってます、ごめんなさいでした


もうね!
パンツとかズボンとかどうでもいいよ

そんなものどうでもいい
ただ、エイラーニャが幸せであればそれでいいよ!

もう、これでスト魔女は紳士がみるKENZENかつ文化庁推薦の世界に羽ばたく名作だって証明されました


演出背景脚本とも文句なしです
特に無音演出を光らせた挿入歌

あれはもうまじで泣く

大好きなあの曲が本編でかかるとかうれしすぐる

ネウロイの形状もすごく綺麗で、星空のステージにあるライト
誘導灯にも見えたり

アニメと言うより、もうミュージカルって感じですかね

脚本上の流れもよかった

ツンデレとは違いますが

デレから始まり、すれちがいがあり喧嘩、でも自分の気持ちに気付いて仲直りしてさらにデレって
もうまさに王道中の王道

予告を見たときには、ここまで熱くなる展開を誰が予想したでしょうか
ハル-ニャで萌え萌え、エイラーニャかわいいなぁくらいなものだと思っていた自分を殴りたい
まさか、ここまでしっかりと作ってくるとは
萌えもあったけれど、やはり目につくのは燃え

一期のテーマの守りたい、そして二期からの一緒にできること
そして叶えたい夢

出来ないことも諦めず挑戦し続けること
誰かを守る力は無限である事
一緒ならきっとできる

奇跡を奇跡じゃなく起こせる

スト魔女は奇跡です!

そんなスト魔女がスト魔女である所以が各所に散り場まめられたスト魔女のお話しでした
いや、というか二期は本当にスト魔女らしい話ばかりです

1期の6話がやはり神回だけあって、超えるのは難しいと思いましたが
これは間違いなく並び立つ名作です(超えたとかは、もうどうでもいい、とにかく神回だった)

むしろ、劇場版クラスでした
ぜひ劇場で2時間かけてみたい(主人公ェ……)



あと、心中とかこういう悲恋ものには弱いです
でもきっと、このエイラなら大丈夫

サーニャはエイラの嫁だ!

俺の入る余地なんてなかった
悲しいけど、幸せにしてくれ、エイラあああああ

あと、今週は予告がありませんでしたね、何故でしょうか

2010y08m16d_170848631.jpg


次回も楽しみです!
スポンサーサイト

テーマ:ストライクウィッチーズ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/08/17(火) 03:16:55|
  2. スト魔女2感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<余韻もへったくれもないな! だがそれがいい! あと、最近の出来事とか | ホーム | ついに>>

コメント

No title

はじめまして!
とても楽しく読ませて頂きました。
エイラとサーニャの回は全話の中でも
最終回以上に質が高いですよね。
個人的には20数分で収めるにはもったいなく感じましたが
いかがでしょうか?
  1. 2010/08/17(火) 13:38:52 |
  2. URL |
  3. kiyoshi #-
  4. [ 編集 ]

No title

kiyoshiさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

楽しんでいただけたようで幸いです。というかあんな長いものを読んでいただけるだけでも嬉しいです(笑)
そうですねぇ。某ニコ動ではエイラーニャ回が最終回扱いされてますけど、二期の最終話は6話に負けないくらいの作品であることを期待していますww
6話でぜひスピンオフ映画化希望です。サイドストーリーも加えて、もっと内容を詰めて、エイラーニャして、ハルヒ消失のような感じで150分!
そんなことが起こったら、私は映画館から生きて帰れるだろうか(リピーター的な意味で)

良かったら、またブログの方に遊びに来て下さい~
  1. 2010/08/20(金) 02:54:42 |
  2. URL |
  3. じろー(中の人) #Te4j3/bw
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://siroisuzu.blog110.fc2.com/tb.php/39-df94070f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)