ななくさがゆ調理日記

スト魔女応援ブログだったり、同人告知だったり、雑記だったり、アニメ漫画見たり、ポケモンしたり

言葉にできないとか、言葉にならないとか、ないない尽くめで言い訳なんてするなよ。そんなことウダウダ言ってるならとっとと気持ちを伝えろよ。けれど自分でも何て言ったらいいかわからない時がある事を私は知った。

想いを綴ろうと、ペンを持って紙を掻きまわす。

想いを伝えようと、口を開いて必死にあえぐ。

けれど、その言葉は喉元から出てこない。

その気持ちは、文字にはならない。
比較するとか、
あらさがしするとか、
考えたり、
けなしたり、
文句をつける時もあれば、
賞賛する時もある。

でも、この時だけはせめて言葉にせずにしまっておきたかったのかもしれない。
言葉にできない、言葉にならない。
そんな言い訳は嫌いだけれど、
それでも、この胸の高鳴りを表す言葉を私は知らない。

良いところもあった。
悪いところもあった。

そのすべてを包み込んで、それはそこに確かにあった。

あるものを、ただあるように、

それを聴き、視て、感じただけ。

その温もりを抱きしめるようにして、
心の中に、思いを象るだけだ。


あぁ、だから


BDでは光の規制も湯気の描写も全部取り払ってありのままの姿を画面にさらけ出してください。お願いします。マジで角川さん、お願いします。余計な飾り立てはいらない。そのままの、あるがままの清らかな彼女たちの姿を見たいだけなのです。そもそも健全なアニメであるスト魔女に規制などという言葉がおこがましいのです。文化庁推薦アニメですよ。これで二期も推薦にならなかったら、気が狂ってる。そうだよ、頭おかしいんだよ。サーニャの抱いた枕をクンカクンカしてみろ、そんなことどうだってよくなるにきまってんだろ。スーハースゥハー。その細い腕で小さな胸で抱いたかすかなぬくもりに感じる力強い鼓動。そのぬくもりを抱きしめることができるなら、もう他に何いりません。ムリダナムリダナムリダナ耐えられない、スト魔女のない生活なんて耐えられない。ああ、この卑しい愚民である私が日々をこうして生きながらえることができるのもすべて、スト魔女のおかけです。ウィッチが可愛すぎて生きるのが楽しい!そうだよ、辛いんじゃないよ。可愛すぎて生きるのが辛いわけないじゃないか。心は苦しいけれど、それは生きていることを実感しているからだ。だから、あえて言おう、生きるのが楽しいんだ。くんかくんかああああああああああサーニャとも結婚する!
スポンサーサイト

テーマ:ストライクウィッチーズ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/08/12(木) 02:56:07|
  2. ストライクウィッチーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ついに | ホーム | スト魔女はすでに映画芸術だ! ストライクウィッチーズ2 5話「私のロマーニャ」感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://siroisuzu.blog110.fc2.com/tb.php/37-2c6cacf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)