ななくさがゆ調理日記

スト魔女応援ブログだったり、同人告知だったり、雑記だったり、アニメ漫画見たり、ポケモンしたり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

艦これ版ワンドロまとめ7(2月15日から2月21日:21艦分)

2月15日から2月21日までの艦これ版深夜の真剣お絵描き60分一本勝負(艦これ版ワンドロ)の投稿まとめです。

まとめ1 1月6日から11日(18艦)
まとめ2 1月12日から17日(約18艦)
まとめ3 1月18日から24日(21艦)
まとめ4 1月25日から31日(15艦+艦載機α)
まとめ5 2月1日から7日(16艦+α)
まとめ6 2月8日から14日(17艦+α)
まとめ7 2月15日から21日(17艦+α)←この記事
まとめ8 2月22日から28日(21艦)
まとめ9 3月1日から7日(21艦)
まとめ10 3月8日から14日(21艦)

目次

重巡 『鳥海』2/16  (航巡)『熊野』2/18
軽巡 『阿賀野』2/15  『那珂』改(2周目)2/18  『長良』2/21
駆逐 『山雲』改(2周目)2/15  『雷』2/15  『黒潮』2/16  『初風』2/17  『卯月』2/17  『早霜』2/17  『夕雲』2/19  『秋雲』2/19  『朝霜』2/19  『曙』2/20  『時津風』2/20  『村雨』2/21
潜水 『U-511』2/21
揚陸 『あきつ丸』2/16
練巡 『香取』2/20

深海 『軽巡棲鬼』2/18


先週の更新で、100艦達成しました。


(長いので格納しております。続きを読むをクリックしてください。
直接飛んできた場合はそのまま表示されます。)


■2月15日 『山雲』改、『雷』、『阿賀野』

270215-1yamagumokai_onedrow.png
駆逐艦『山雲』改
二周目です。
書体は前回同様ふわふわとおっとりとして、マイペースな雲のように。


270215-2ikaduchi_onedrow.png
駆逐艦『雷』
その小さな双肩に乗せた命の重さ。
戦った敵だとしても、助けられる命があるなら助けたい。

ただ強いだけじゃ、だめだと思うの。

雷の書体については、基本的に見て分かる通り優しい書体となっております。雨の点は、雷ちゃんの輝く笑顔をイメージ。田の部分は、口を閉じず懐をあけて、救援を求める人を受け入れるようにしています。


270215-3agano_onedrow.png
軽巡洋艦『阿賀野』
阿賀野型特有の甲板を字画に組み込みつつ、美しい船影をイメージして、若干隷書のような雰囲気をだしました。
やや、子供っぽい性格から、書体も少し楽しく。


■2月16日 『黒潮』、『鳥海』、『あきつ丸』

270216-1kuroshio_onedrow.png
駆逐艦『黒潮』
記念すべき日刊ワンドロ100艦目は、黒潮ちゃんでした!
入り混じった関西弁の口調は、柔らかな線と勢いの線の組み合わせ。
潮の月には、髪留めをイメージした点を入れ込みました。


270216-2choukai_onedrow.png
重巡洋艦『鳥海』
知的な感じの性格を反映して、書体は直線を主体にクールな感じにしつつ、頭の電探を字画に組み込みました。


270216-3akitsumaru_onedrow.png
揚陸艦『あきつ丸』
陸軍から海軍に来た緊張や口調の固さを表し、あきつは、かくかくと固い感じに。
一方、だんだんと海軍に感化され、丸は、やや丸みを帯びる感じに。
肌の白さは掠れをやや多めに表現。


■2月17日 『初風』、『卯月』、『早霜』

270217-1hatsukaze_onedrow.png
駆逐艦『初風』
私はあなたにとって何人目の私なのだろうか。
水面に揺らめく陽炎のように。
その映る姿は……。

初風については、複数いることを匂わせるセリフから想像して、水面に反射して映った影が初風であり、その見え方は人それぞれ違うという考えに至りました。
陽炎の親戚である(?)蜃気楼のようにあるはずのないものが見える。
初風の背には、色々な想いが載っていて、それが見えるのかもしれないですね。

手法自体は、一画書いたらすぐに半紙を折って、墨を吸い込ませて反転させています。この手法は、4年前に作った、

http://www.nicovideo.jp/watch/sm12221769


の妖夢の魂魄を表すための書き方でしたが、いつかどこかでまた使いたいなぁと思っていたら、初風のテーマと合致したので、採用しました。

手法の流用
良い言い方をすると、リサイクルでエコ的。温故知新(錯乱
悪い言い方は……しません(あ、察し


270217-2uduki_onedrow.png
駆逐艦『卯月』
ぴょんぴょんと元気よく跳ねる兎のように。

卯月は、あ"ぁ~心がぴょんぴょんするんじゃあ、という感じで、明るくしました。
「卯」はそのまま兎の形を表し、一画目が耳、二画目が前足。三画目がしっぽ。最後が後ろ足で、海面を蹴って跳ねる兎、しいては元気にぴょんぴょんする卯月ちゃんイメージあったりします。


270217-3hayashimo_onedrow.png
駆逐艦『早霜』
字間を詰め、暗くややダークな雰囲気で書体を構成しています。
霜は、片目を隠した髪型をイメージ。


■2月18日 『熊野』その1・2、『那珂』改、『軽巡棲鬼』

270218-1kumano1_onedrow.png
航空巡洋艦『熊野』
硝煙弾雨の中で足掻きながら目指した祖国への軌跡。
友からも撃たれる程の無残な姿に成り果てても、
それでも、私は生きたかった……。
皆を連れて
私は帰りたかった……ッ!



熊のしたの点は、かつての姿だと独立していますが、
この字の場合は、祖国への航路の軌跡をたどる意味で、繋げてあります。

熊の一画目は、艦首が大破したことによって無くなり、書体は度重なる戦闘での船体の歪みをイメージ。
しかし、最後まで力強く跳ね、祖国を目指し必死に耐え続け、皆を国へ帰そうと走り続けた熊野の生き様を意識しました。かつての船影は見る影もなくとも、その心は気高く、美しい。



生きたかった、帰りたかった、神戸の静かな海へ
乗組員が熊野にかけた想い、それを乗せた熊野の心

思えば思うほど、切ない

美しいと評しておいたけれど、美しいなんてただの独りよがりの賛美だ。
ただ純粋なまでに生きたいという思いの結晶、それは剥きだしの心だった。


270218-1kumano2_onedrow.png
航空巡洋艦『熊野』その2
在りし日の美しい船影であった熊野姿をイメージ、お嬢様っぽく上品な感じに、墨も漲らせて書体を構成しました
先の熊野はこれを元に、あの旅路を体験したアレンジしました。


例によって、ドロンの人の解説動画を見て、気持ちを高めました。

重巡洋艦『熊野』~祖国への旅路~ (37:58) http://nico.ms/sm22217563



270218-2nakakai_onedrow.png
深海棲艦『軽巡棲鬼』
髪型のお団子をイメージしたパーツを入れ込み、
足がないデザインをイメージした書体構成となります。


270218-3keijunseiki_onedrow.png
軽巡洋艦『那珂』改
2周目になります。
前回コンセプト同様に芸能人のようにサインっぽく♡と☆をあしらった可愛さマックスな感じにパワーアップ。
センターは那珂ちゃんだから、落款は隅に追いやられ……。


■2月19日 『夕雲』、『秋雲』、『朝霜』

270219-1yuugumo_onedrow.png
駆逐艦『夕雲』
夕は、流れる柔らかな髪型をイメージするとともに、全体の構成は淑やかに艶っぽく。
雲の締めは、色気のあるほくろで、夕雲さんを表します。


270219-2akigumo_onedrow.png
駆逐艦『秋雲』
戦う同人作家的な立ち位置の秋雲ちゃん。
書き方は書道の書き方を意識しつつ、字というよりイラストに近い形で構成。効果音のような感じで(?)秋雲!


270219-3asashimo_onedrow.png
駆逐艦『朝霜』
朝は、威勢の良さと、改の鉢巻を長い線で表しました。
霜は、早霜同様に片目を隠す形で、やや複雑な髪型をイメージし、線は重ねてくるくるとした感じです。


■2月20日 『香取』、『曙』、『時津風』

270220-1katori_onedrow.png
練習巡洋艦『香取』
皆の模範となるように、基本的な書体にしつつ、
柔らかく優しげな表情で、訓練を見守るような感じで、ひとつ。


270220-2akebono_onedrow.png
駆逐艦『曙』
過去の体験から、その責任を押し付けられてしまい、
素直になれない心を、反りかえるような書体で編成しました。


270220-3tokitsukaze_onedrow.png
駆逐艦『時津風』
あの、しれぇに撃沈された提督も多いはず。
書体は、線を少し切り気味に、舌ったらずな感じで。
風は、垂れ耳のような少し灰色な髪型をイメージ。


■2月21日 『長良』、『U-511』、『村雨』

270221-1nagara_onedrow.png
軽巡洋艦『長良』

かしこしや 
兵の姿に身をかりて 
八百神 
たたかいたまふ

軍艦長良 慰霊碑より


270221-1nagara1_onedrow.png
長良書体解説
長の上三本は、長良型軽巡の3本煙突をイメージしています。
5500トン級でありながら、速力を出す設計思想、その引き締まった艦体をイメージして書体もスマートに。双方の足部分、とくに良いは、走り込みを行う長良ちゃんを意識して、駆けていくように。


今回の長良を書くにあたって、参考にした動画です。3部作1時間の大作ですが、あっという間に見終わってしまいます。あぁ、泣けてくる……

6姉妹、戦場を駆ける~長良型軽巡洋艦の戦い~前篇 (22:53)
http://nico.ms/sm24383032





270221-2u-511_onedrow.png
潜水艦『U-511』
異国の地へやってきたゆーちゃん、その日本語のぎこちなさや、編入先への緊張から書体は固く。Uは、立絵の潜望鏡をモチーフに。魚雷をあしらいつつ編成しました。
墨の薄さは、儚げな感じにしております。


270221-3murasame_onedrow.png
駆逐艦『村雨』
村雨嬢は、やや大人っぽく、すらっとした感じに。
長い線は髪でもあり、錨もイメージ。
木へんははいはーいの指立てポーズを意識。
雨は元気に跳ねつつ、錨を振り回す感じで締めました。


それでは、今週もまたよろしくお願いします。


スポンサーサイト

テーマ:艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル:オンラインゲーム

  1. 2015/02/22(日) 21:00:00|
  2. 艦これ版ワンドロ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<艦これ版ワンドロまとめ8(2月22日から2月28日:21艦分) | ホーム | 天城越え成し遂げたぜ!(E-5甲編成雑感)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://siroisuzu.blog110.fc2.com/tb.php/207-2438924e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。