ななくさがゆ調理日記

スト魔女応援ブログだったり、同人告知だったり、雑記だったり、アニメ漫画見たり、ポケモンしたり

私はまどかのこをと忘れないから

madoka3.jpg
madoka1.jpg

私はまどかのことを忘れないから

魔法少女まどか★まどかが最終回を迎えました。
この4カ月、ある意味でスト魔女以上に毎週が楽しみな時間を送っていました。
1話ごとに心がへし折られながらも、なんとか最後まで見ることができました。
最終話で負った傷は、相当に深いです。

4話でのまどかがほむらに向けて言った台詞。
ほむらちゃんのことだって私は忘れないもん
平行世界を繰り返すほむらにとって、胸に突き刺さる言葉だったと思います。
改めてその台詞を思い出して、最終話の5節の詩を詠んでみると、
そして、残されたほむらの想いを考えると、
一際に残酷な物語であった、と思ってしまいます。

まどかは魔法少女ですらなくなり、その存在が神にも似た概念へと移行してしまった。
それゆえに、まどかは、「忘れない」と言った自分の存在が忘れられてしまうものになってしまった。
けれど、因果を繰り返し絆で結ばれたほむら、そして弟のタツヤだけが、まどかのことを憶えている。
今の尚、新しく生まれた世界で、魔法少女が穢れによって魔女化してしまうのを、まどかは一人救い続けている。

その想いを刻んだほむらの手には、時を操る盾ではなく、弓矢が握られ、
背にはまどかの翼のように、白い翼が現れている。
そしてほむらもまた、悲しい戦いに身を投じる。
まどかが願った祈り。
夢と希望を持てる世界。
まどかが作った世界で、彼女の想いを胸に、ほむらは一人戦い続ける。

終幕、まどかのソウルジェムに、ほむらがもらったリボンが落ちてくる描写
その直前には、ほむらの翼は禍々しく、黒いものとなっています。
それが意味するところは、
黒い翼は穢れという人も
黒い翼に映し出されたのは、まどかの宇宙だという人もいて
私には、まだまだわからないものですが、

それでも、まどかとほむらが、繋がっている、ということには変わりないのだと思えば
それはとっても嬉しいなって、
思います

何時も、何処かで
誰かがあなたのために戦っている
だから、あなたがその誰かを忘れないでいてほしい
そうならば、あなたはきっと『独り』ではないのだから

書字のひとりの部分は、「一人」ではなく、『独り』にしました。
その理由は上の通り、例え一人になってしまっても、心が繋がっている限り、独りではないからだと思うからです。

そのほか、「あなた」の表記もそれぞれ変えてあります。
この詩を上から3節まで見ると、
大好きな人のために人知れず戦い、最後に散ってしまった、さやかの心境が現れています。
そのため、3節目の1節はさやかの青い色を使って、『貴方』を恭介として解釈しました。

4節目のあなたは、魔法少女全てを示すように、『貴女』に

そして最後の『あなた』は、その魔法少女たちの祈りによって成長した世界に生きる全ての人々を示すつもりです。そして、『まどか』や『ほむら』のように個人個人をさすものでもあります。

という、苦しい解釈ですが、
そのような意味を込めて書いたつもりです。

ちなみに、英詩の部分はフォントです。これは書いておりません。
また、ロゴは、素材で使用許可が出ていたものを使わせて頂いております。

スポンサーサイト

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/04/24(日) 00:44:01|
  2. 書いてみた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<杏子ちゃんのお腹をぺろぺろしたい | ホーム | 妖夢ちゃんが垢ぬけちゃって、僕寂しい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://siroisuzu.blog110.fc2.com/tb.php/116-e25086e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)