ななくさがゆ調理日記

スト魔女応援ブログだったり、同人告知だったり、雑記だったり、アニメ漫画見たり、ポケモンしたり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

例大祭9お疲れ様でした。

第9回博麗神社例大祭お疲れ様でした。
広い会場の中、わざわざご挨拶しに来ていただけた皆様には感謝申し上げます。ありがとうございました。

今回はサークル参加申請者全員が当選となった例大祭でしたが、
サークル参加は増えたが、一般参加者自体は増えてないのではと思いました。
会場内を歩き回ることに何ら不自由を感じませんでした。
例大祭5か6で一般参加した頃は、どこもかしこも大混雑で、島境では回転ドアのように人に押されて回って動けなくなったものでした。今回は一方通行規制もなかったように感じます。
会場が東ホール全てになり、会場が広くなったおかげなのでしょうか。
この頃は東方熱も大分落ち着いてきた感じで、ピークから抜けたという印象もあります。
自分としては、3~4年前のように会場がまさに魔界と化していたのを懐かしく思い返せば悪いものではなかったと思い起こされます。
とはいうものの、会場が広くなったおかげで、今回もまたサークル参加できたことに感謝しなくてはなりませんが。

私のサークルはグッズ島に配置されていましたが、やはり午後からは混雑してきていました。そこらそこらに人だかりができていて、盛況盛況と自分のサークルではなかったのですが、悦に入っていました。
私の所はというと、相変わらず「砕月」の人気は健在で、三回目の再販というのに、また在庫切れを起こしていました。佰鬼夜行に至っては4回目の再販でも完売御礼でしたが、手に取られるスピードが段違いでした。嬉しい限りです。砕月は初見でわかりやすく勢いのある二文字なので、私も大好きです。
とりあえず、砕月は定期的に補充していつも手元に置いておいてもいいかなと思いました。
書こうと思えばいくらでも再販ができるのが、色紙サークルの強みであります。
一度でいいから小説の第2版を作って、誤字脱字を修正した再販版をつくりたいです。

さて、例大祭に関しては以上となりますが、次は夏コミになります。
前回C81の冬コミはお休みしましたが、夏コミC82には、スズシロも参加予定でございます。
先の金曜日はその当落発表で、前日は眠れぬ夜を過ごしピクニック症候群にかかっていたようですが、仕事中は完全に忘れていて、メールチェックをしないままツイッターをふと眺めると今日が当落発表という字が目に飛び込んてきました。
その時私は夕御飯を食べていたのですが、見た瞬間に気持ち悪くなって、とにかく先に当落チェックしなければと行儀が悪いのを覚悟でパソコンを立ち上げました。
メールの件名を見て、さらに胃痛が激しくなりました。この件名をクリックする瞬間が一番悶々とします。
結果については、ご存じの通り、二日目(土)のW-39bに配置されました。
夏もまた無事出展でき・・・・・・るかどうかはこれからの頑張り次第なので、例大祭が終わって休みたいところを鞭打って修羅場を乗り越えたいと思います。
ジャンルはいつも通り東方Projectで、頒布物もいつも通り書道関連グッズになります。
暑く熱い夏に備えて、扇子を作りたいと思い、関係各所と相談を開始しました。それについてはお楽しみして頂ければと思います。

頒布物については、もういつも通りという形で書きましたが、このコミケで4回連続の書道での参加になります。
ということは、最近このブログを見始めた人は、最初の私のサークル参加が小説系同人誌の発刊というのを知らないかもしれません。もともと私は小説畑の出身です。
例大祭9では、毎回イベントで私のスペースに来てくれている素敵な御仁が、「まだ小説は執筆されないのですか」とお尋ねになったのですが、私はその時も芳しい返答ができませんでした。
仕事を始めたからというのは、ただの言い訳に過ぎないとは思いますが、小説執筆に比べると書道関連の頒布物作成はイベントぎりぎりまで作業ができるという、遅筆同人作家にしてみれば非常に恵まれている環境にあります。
小説を始めたころは、小説を作るのにもかなりの印刷代がかかってやりくりに苦慮したものですが、生活資金に余裕ができたころには、あの時のような時間がなくなっているという皮肉めいた現状になっております。
その方に言われた、ずっと待っていると言う言葉は、期待と激励であると私は受け取っております。友人のサークル参加者にそのことを言うと、そう言ってくれる人がいることはいいことだよ、とそんなことを言われました。

言われている内が華とはよくいったもので、言われなくなった時というのはどうしようもないほど寂しいものになると思います。
イベント後に久しぶりにほこりを被ったUSBメモリーを取り出し、作りかけの創作物を見返してきました。
更新が数年前に止まっている文書を開いた時、その頃書いていた記憶も薄れながらも色を取り戻しました。
書きたいものは確かにあった。そしてそれはまだ完結していない。

やりたいことは増えるばかりで、やれないことも増えてきました。やってほしいという嬉しいお話しも増えました。
もともとスズシロというサークルは、やりたいことを好きなようにやるというスタンスで始めたものです。
だから色々なことに手を出して、やりたいようにやるのは、これからも変わらないと思います。
その中で原点を振り返ると、自分は未だに文章書きをやりたいという気持ちがあります。
元からお話しを作るのは好きでした。
だから時間はこれまで以上にかかると思いますが、書きたい作品を完結したいと思います。

それでは、例大祭9では大変お世話になりました。
まずZUNさんご結婚おめでとうございます。またイベント関係スタッフの皆様お疲れ様でした。
そして来場者の皆様ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。 スズシロ/白鈴二郎

スポンサーサイト

テーマ:東方Project - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/06/03(日) 17:32:13|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。